木内達朗 『木内達朗 作品集 TATSURO KIUCHI』出版記念展

木内達朗 『木内達朗 作品集 TATSURO KIUCHI』出版記念展

2019年8月20日(火)より、国内外で活躍中のイラストレーター 木内達朗 による個展を開催いたします。
デジタルプリント作品および過去の油彩作品(主にシャーロック・ホームズ シリーズ)だけでなく、作品集に未収録の新作リソグラフ作品の展示・販売を予定。また、バッジやポストカードなど、本展限定のオリジナルグッズも販売します。

2019年8月20日(火)-9月1日(日)
営業時間 15:00-20:00(金・土は21:00まで)
月曜定休 / 入場無料
*オープニングパーティー 8/24(土)19:00~21:00
*クロージングパーティー 9/1(日)18:00~20:00

木内 達朗 Tatsuro Kiuchi
1966年東京生まれ
アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン、イラストレーション科卒業。
『半沢直樹』『下町ロケット』シリーズの書籍装画を始め、スターバックス・ホリデーキャンペーン、ニューヨーク・タイムズ、ワシントンポストなどのイラストレーションを手がける。
有限会社 東京目印 代表
イラストレーション 青山塾 講師
東京イラストレーターズ・ソサエティ 会員
芝犬人会会員

塚本暁宣&HIN 展示『Aki Tsukamoto×HIN』

塚本暁宣&HIN 展示『Aki Tsukamoto×HIN』

2019年8月10日より、アーティスト 塚本暁宣とHIN の共同展示を開催します。
NY在住。油彩を用いて、キュビズム的な世界観とアメリカで身近なキャラクターを組み合わせたラディカルなシュルレアリスム・ペインティング作品を制作する塚本暁宣。
マティスやピカソを引用し、ヴァーチャル・スプレーと名付けたオリジナル描画手法で、キャンバス上に、オリジナル/既存の再構築をポップに表現する女性アーティスト、HIN。
新たな視点による組み合わせから、新時代のオリジナリティを提示する作家2名による展示です。本展では、作品の展示/販売のほか、リソグラフ作品やオリジナルグッズを販売いたします。

2019年8月10日(土)-8月18日(日)
営業時間 15:00-20:00(金・土は21:00まで)
月曜定休 / 入場無料
※オープニングパーティー 8/10(土)18:30-20:30
※クロージングパーティー 8/18(日)18:00-20:00

塚本 暁宣 Akinobu Tsukamoto
1989年生まれ。
ニューヨーク ブルックリン在住
武蔵野美術大学卒業
第一回CAF賞入選
東京、ニューヨークを中心に展示多数。

HIN
1990年生まれ。
多摩美術大学卒業
大阪のH.P.DECOで初個展。
TRUNK(HOTEL)ほか、東京・上海での
グループ展に参加。

ホラー漫画家 合同展 『SUMMER MADNESS』

ホラー漫画家 合同展 『SUMMER MADNESS』

2019年7月25日より、怪奇漫画家 ”呪みちる” ”黄島点心” ”金風呂タロウ” ”崇山祟” 四作家による合同展示を開催します。 本展では、各作家による描きおろしドローイング作品の販売や、過去の漫画作品の原画を展示するほか、今回限定のオリジナルグッズも販売いたします。また会期中には、各作家の在廊およびライブドローイングを予定しております。

2019年7月25日(木)-8月8日(木)
営業時間 15:00-20:00(金・土は21:00まで)
月曜定休 / 入場無料
【ライブドローイング開催日程】
7/27(土)崇山祟 7/28(日)金風呂タロウ
8/3(土)呪みちる (w/DJ 髑髏十三) 8/4(日)黄島点心

呪みちる:
1998年デビュー。主な著作に「人造人間の怪」「火星高校の夜」「顔ビル/真夜中のバスラーメン」など。

黄島点心:
2007年デビュー。主な著作に「黄色い悪夢」「口寄せ蓮治捕物帖」「甘露に肩想い」など。2019年「黄色い円盤」で第22回文化庁メディア芸術祭新人賞受賞。

金風呂タロウ:
2015年「タクシー」でデビュー。著作に「呪界 踏み入れてはいけない場所(作画)」「水乞い」など。

崇山祟:
2016年「恐怖の口が目女」で単行本デビュー。漫画サイト・リイドカフェ『劇画狼のエクストリーム漫画学園』内にて「童貞兵器」を発表。

いでたつひろ 個展『DEEPSLEEP』

いでたつひろ 個展『DEEPSLEEP』

2019年7月4日より、アーティスト いでたつひろ の個展を開催します。本展のコンセプトは『寝室のための絵画展』。ドリーミーでメランコリックなモノクロペイント作品を中心に展示をします。Tシャツなどのグッズも販売予定です。

2019年7月4日(木) – 7月14日(日)
営業時間 15:00 – 20:00(金・土は21:00まで)
月曜定休 / 入場無料
※オープニングパーティー 7/6(土)19:00〜21:00
※クロージングパーティー 7/12(金)19:00〜21:00

いでたつひろ Tatsuhiro Ide
絵描き。2009年から活動開始。
モノクロームの作品を描く。

Luca Tieri 個展 『TURBO GIRL』

Luca Tieri 個展『TURBO GIRL』

2019年6月20日より、イタリア人イラストレーター・コミックアーティスト Luca Tieri による個展を開催します。バイクや車、女の子をモチーフにしたシリーズ『TURBO GIRL』の展示。リソグラフ作品やイラスト集、ステッカーなどのグッズも販売予定です。ヨーロッパからアメリカを経て、日本で展開される書き下ろしの作品群を、ぜひお楽しみください。

2019年6月20日(木) – 6月28日(金)
営業時間 15:00 – 20:00(金・土は21:00まで)
月曜定休/入場無料
※オープニングパーティー 6/22(土)19:00〜21:00
LIVE : ニシオカ・ディドリー
※クロージングパーティー 6/28(金)19:00〜21:00

LUCA TIERI(ルカ・ティエリ)
1978年 イタリア生まれ。2006年 アメリカで作品集『THE ART OF LUCA TIERI』出版。2009年 アメリカのVICE MAGAZINEでコミックを発表。Jason Mrazのアルバム『Beautiful Mess』(2009)のアートワークを担当するなどヨーロッパ以外でも活躍の場を広げていく。2012年より日本在住。CDジャケットやTシャツデザイン、雑誌のカットなどを手がけるなど活動中。2017年より再びコミックの制作を開始。イタリアで短編を発表している。

とくながあきこ 個展 『ニューあかるいねこ展』

とくながあきこ 個展 『ニューあかるいねこ展』

2019年6月6日より、イラストレーター とくながあきこ の個展を開催します。オリジナルキャラクターの、歯がガチャガチャでいつでもあかるい「あかるいねこ」のエキシビションです。新作ドローイング作品の展示や、本個展オリジナルグッズの販売もいたします。WebやLINEスタンプでは見られない あかるいねこ をお楽しみに!

2019年6月6日(木) – 6月16日(日)
営業時間 15:00-20:00(金・土は21:00まで)
月曜定休 / 入場無料
※オープニングパーティー 6/8(土)19:00〜21:00
※クロージングパーティー 6/16(日)19:00〜20:00
※似顔絵イベント 6/9(日) & 6/15(土)16:00〜20:00

とくながあきこ Akiko Tokunaga
イラストレーター。長野市出身。オリジナルキャラクター「あかるいねこ」のグッズは、東急ハンズでも6/1から取り扱い開始されるなど巷でじわじわ話題に。他にもキャラクターイラストや挿絵を「バレンタインポスト」「ざんねんないきもの事典」などの書籍・Webサイトなどに提供している。

やまだないと 個展 『NAIVE EROTICS 3』

やまだないと 個展 『NAIVE EROTICS 3』

2019年5月16日より、漫画 やまだないと の個展を開催します。昨年VOIDで開催された『NAIVE EROTICS』に続く、東京での2回目の個展となります。新作ドローイング作品やプリント作品などを展示する予定です。オリジナルグッズなども販売します。是非よろしくお願いいたします。

2019年5月16日(木) – 6月2日(日)
Open 【日〜木】15:00-20:00 【金〜土】15:00-21:00
月曜定休 / 入場無料
※オープニングパーティー 5/19(日)19:00〜20:00
※クロージングパーティー 6/2(日)19:00〜20:00

やまだないと
漫画家。1965年生まれ 佐賀県唐津市出身。1990年『週刊ヤングマガジン』にて「キッス」で連載デビュー。代表作に『東京座』『コーデュロイ』『西荻夫婦』映画化もされた『フレンチ・ドレッシング』『ラマン』『王様とボク』映画感想集『ハルヒマヒネマ』またテレビドラマ『私立探偵濱マイク』(10話)の脚本も手がけた。

寺田克也 個展 『ラクガキング東京』

寺田克也 個展 『ラクガキング東京』

2019年4月25日より、日本のみならず海外でも活躍するマンガ家・イラストレーター 寺田克也 の個展を開催します。近年制作した大小様々なサイズのドローイング作品を中心に展示する予定です。4月に発売する新刊『寺田克也原寸』(パイインターナショナル)や今回の展示のために制作された ZINE やグッズなども販売いたします。何卒よろしくお願いいたします。

2019年4月25日(木) – 5月12日(日)
Open 【日〜木】15:00-20:00 【金〜土】15:00-21:00
月曜定休 / 入場無料
※オープニングパーティー 4/27(土)19:00〜21:00
※クロージングパーティー 5/12(日)19:00〜20:00

寺田克也 Katsuya Terada
マンガ家・イラストレーター。1963年12月7日、岡山県玉野市に生まれる。高校卒業後上京、専門学校に通う傍ら徐々にイラストレーターの仕事を得ていき、そのままプロ化。現在に至る。書籍、雑誌のイラスト、ゲーム、映画のキャラクターデザイン、マンガなどを描く。近年は国内外でソロの展覧会、グループエキシビションへの参加など多数。ロサンゼルスのGR2 Galleryでは毎年ソロを行っている。おもな著作として、画集「Dragon girl and Monkey king」Dark Horse Comics(USA)、「寺田克也ココ10年」(パイインターナショナル)、漫画「西遊奇伝・大猿王1、2」、絵を生業にする事のさまざまを語りおろした「絵を描いて生きていく方法?」など。

akira muracco 個展『むこうみずな夜』 ​

akira muracco 個展『むこうみずな夜』

2019年4月11日より、イラストレーター akira muracco の個展を開催します。
4月は何かしら変化のある月。その変化や、揺れる感情を描きます。
シルクスクリーン、ジークレープリントを中心にステッカー、ZINE、ウェアなども販売いたします。

会期 2019年4月11日(木) – 4月21日(日)
OPEN 【日〜木】15:00-20:00 【金〜土】15:00-21:00
月曜定休 / 入場無料 / *4/20(土) 15時-17時までの短縮営業

*オープニングパーティー
4/11 (木) 18:30-20:00 LIVE: pavilion xool / ケータリング: Naho

*クロージングパーティー
4/21 (日) 18:30-20:00 LIVE: 君島大空
(LIVE受付 18:00〜、LIVE 18:30〜19:30  *1Dオーダー制 )

予約は下記アドレスまで、お名前と電話番号を記載してメールをください。
contact@void2014.jp
定員に達し次第、受付を終了いたします。ご了承ください。​

定員に達したため予約は締め切りました。


akira muracco
静岡県浜松市出身・在住。1993年5月生まれ。イラストレーター。2014年よりイラストレーション活動を始める。メトロミニッツの表紙、CDジャケット、パッケージなどにイラストレーション提供をしている。http://akiramuracco.me/top/

バロン吉元 画業60年還暦祭『男爵芋煮会』

バロン吉元 画業60年還暦祭
『男爵芋煮会』

2019年3月28日より、漫画家 バロン吉元 をもとにした、アーティスト13名によるオマージュ作品展を開催します。バロン吉元へ熱いリスペクトを寄せる、様々なアーティストの表現を通じ、それぞれの味付けで生み出されたバロン作品へのオマージュを展示。展覧会という大きなお鍋を囲んで、鑑賞者の皆さまと共にバロン吉元への造詣を「煮つめていく」機会です。ファンの方だけでなく、まだ読んだことは無いけど気になっている方、全く知らないけど漫画好きの方など、バロン作品に対するそもそもの知識に関係なく、よりカジュアルに作品へ触れて頂き、フラットにお楽しみ頂くことをコンセプトとしています。会場では作品展示の他、各作家による、複製原画やステッカーなどのグッズも販売予定です。

【出展者】
青木俊直 / 朝倉世界一 / 小田島等 / すぎむらしんいち / 寺田克也 / 永野のりこ / 花くまゆうさく / 松田洋子 & 清田聡 / 丸尾末広 / 森下裕美 / 山田参助 / やまだないと / バロン吉元 ※五十音順・敬称略 / キュレーション:エ☆ミリー吉元(バロン. プロ)

2019年3月28日(木) – 4月7日(日)
Open 【日〜木】15:00-20:00 【金〜土】15:00-21:00
月曜定休 / 入場無料
※オープニングパーティー 3/30(土) 19:00〜21:00
※クロージングパーティー 4/7(日) 18:00〜20:00

バロン吉元 Baron Yoshimoto 
旧満州生まれ、鹿児島県育ち。1959年の漫画家デビュー後は、1960年代から70年代にかけて巻き起こった劇画ブームの全盛期を築いた劇画家のひとりとなり、代表作である『柔侠伝』シリーズ、『どん亀野郎』、『殴り屋』等、多数の作品を発表。しかし人気絶頂であった1980年、全ての連載を終わらせ突如渡米、マーベル・コミックで執筆。帰国後は漫画執筆と並行し、絵画制作を始める。
2017年には漫画作品をまとめた初の画集となる『バロン吉元 画俠伝』( 山田参助・編/リイド社) がリリース。また2019年には約30年間に渡り制作された絵画作品を収録した『バロン吉元画集 男爵』(パイインターナショナル)が国内外で発売。