バロン吉元 画業60年還暦祭『男爵芋煮会』

バロン吉元 画業60年還暦祭
『男爵芋煮会』

2019年3月28日より、漫画家 バロン吉元 をもとにした、アーティスト13名によるオマージュ作品展を開催します。バロン吉元へ熱いリスペクトを寄せる、様々なアーティストの表現を通じ、それぞれの味付けで生み出されたバロン作品へのオマージュを展示。展覧会という大きなお鍋を囲んで、鑑賞者の皆さまと共にバロン吉元への造詣を「煮つめていく」機会です。ファンの方だけでなく、まだ読んだことは無いけど気になっている方、全く知らないけど漫画好きの方など、バロン作品に対するそもそもの知識に関係なく、よりカジュアルに作品へ触れて頂き、フラットにお楽しみ頂くことをコンセプトとしています。会場では作品展示の他、各作家による、複製原画やステッカーなどのグッズも販売予定です。

【出展者】
青木俊直 / 朝倉世界一 / 小田島等 / すぎむらしんいち / 寺田克也 / 永野のりこ / 花くまゆうさく / 松田洋子 & 清田聡 / 丸尾末広 / 森下裕美 / 山田参助 / やまだないと / バロン吉元 ※五十音順・敬称略 / キュレーション:エ☆ミリー吉元(バロン. プロ)

2019年3月28日(木) – 4月7日(日)
Open 【日〜木】15:00-20:00 【金〜土】15:00-21:00
月曜定休 / 入場無料
※オープニングパーティー 3/30(土) 19:00〜21:00
※クロージングパーティー 4/7(日) 18:00〜20:00

バロン吉元 Baron Yoshimoto 
旧満州生まれ、鹿児島県育ち。1959年の漫画家デビュー後は、1960年代から70年代にかけて巻き起こった劇画ブームの全盛期を築いた劇画家のひとりとなり、代表作である『柔侠伝』シリーズ、『どん亀野郎』、『殴り屋』等、多数の作品を発表。しかし人気絶頂であった1980年、全ての連載を終わらせ突如渡米、マーベル・コミックで執筆。帰国後は漫画執筆と並行し、絵画制作を始める。
2017年には漫画作品をまとめた初の画集となる『バロン吉元 画俠伝』( 山田参助・編/リイド社) がリリース。また2019年には約30年間に渡り制作された絵画作品を収録した『バロン吉元画集 男爵』(パイインターナショナル)が国内外で発売。