寺田克也 個展 『ラクガキング東京』

寺田克也 個展 『ラクガキング東京』

2019年4月25日より、日本のみならず海外でも活躍するマンガ家・イラストレーター 寺田克也 の個展を開催します。近年制作した大小様々なサイズのドローイング作品を中心に展示する予定です。4月に発売する新刊『寺田克也原寸』(パイインターナショナル)や今回の展示のために制作された ZINE やグッズなども販売いたします。何卒よろしくお願いいたします。

2019年4月25日(木) – 5月12日(日)
Open 【日〜木】15:00-20:00 【金〜土】15:00-21:00
月曜定休 / 入場無料
※オープニングパーティー 4/27(土)19:00〜21:00
※クロージングパーティー 5/12(日)19:00〜20:00

寺田克也 Katsuya Terada
マンガ家・イラストレーター。1963年12月7日、岡山県玉野市に生まれる。高校卒業後上京、専門学校に通う傍ら徐々にイラストレーターの仕事を得ていき、そのままプロ化。現在に至る。書籍、雑誌のイラスト、ゲーム、映画のキャラクターデザイン、マンガなどを描く。近年は国内外でソロの展覧会、グループエキシビションへの参加など多数。ロサンゼルスのGR2 Galleryでは毎年ソロを行っている。おもな著作として、画集「Dragon girl and Monkey king」Dark Horse Comics(USA)、「寺田克也ココ10年」(パイインターナショナル)、漫画「西遊奇伝・大猿王1、2」、絵を生業にする事のさまざまを語りおろした「絵を描いて生きていく方法?」など。