なつめともゆき〈きょうりゅう〉展

2020年12月10日より、ミュージシャン・夏目知幸による『なつめともゆき〈きょうりゅう〉展』を開催します。

今年1月のコラージュ作品展『氷河が溶ける部屋』に続き、自身二度目となる個展のテーマは「恐竜」。新作のペインティング作品、コラージュ作品や立体作品に加え、各種関連グッズを販売いたします。イベントについては状況に応じて行いますので、詳細は本ページまたはVOIDのSNSをご確認ください。

また本展より、絵画やイラスト制作時は「なつめともゆき」名義で活動するとのことです。

「夏に昼寝していたら、恐竜に出会う夢を見たんです。彼は、誰かの落とし物を見つけたんだけどどうしようって聞いてきた。んーどうしたもんかなと考えてるうちに目が覚める。おんなじ夢を3回見た。その時の景色の絵です。コラージュもあります。」夏目知幸

なつめともゆき〈きょうりゅう〉展
2020年12月10日(木)-12月27日(日)
営業時間 15:00-20:00
月曜定休 / 入場無料

*新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて、ご入場時の「アルコール消毒」「マスク着用」にご協力ください。

夏目知幸 Tomoyuki Natsume
1985年生まれ。浦安出身。ミュージシャン。執筆家、画家、コラージュ作家。
2009-2020年、シャムキャッツのフロントマンとして活動。
国内にとどまらず、上海、ソウル、台湾、バンコクなど東アジアに及ぶツアーを敢行した。現在はジャンルを問わず芸術活動に邁進中。