Luca Tieri 個展 『TURBO GIRL』

Luca Tieri 個展『TURBO GIRL』

2019年6月20日より、イタリア人イラストレーター・コミックアーティスト Luca Tieri による個展を開催します。バイクや車、女の子をモチーフにしたシリーズ『TURBO GIRL』の展示。リソグラフ作品やイラスト集、ステッカーなどのグッズも販売予定です。ヨーロッパからアメリカを経て、日本で展開される書き下ろしの作品群を、ぜひお楽しみください。

2019年6月20日(木) – 6月28日(金)
営業時間 15:00 – 20:00(金・土は21:00まで)
月曜定休/入場無料
※オープニングパーティー 6/22(土)19:00〜21:00
LIVE : ニシオカ・ディドリー
※クロージングパーティー 6/28(金)19:00〜21:00

LUCA TIERI(ルカ・ティエリ)
1978年 イタリア生まれ。2006年 アメリカで作品集『THE ART OF LUCA TIERI』出版。2009年 アメリカのVICE MAGAZINEでコミックを発表。Jason Mrazのアルバム『Beautiful Mess』(2009)のアートワークを担当するなどヨーロッパ以外でも活躍の場を広げていく。2012年より日本在住。CDジャケットやTシャツデザイン、雑誌のカットなどを手がけるなど活動中。2017年より再びコミックの制作を開始。イタリアで短編を発表している。

とくながあきこ 個展 『ニューあかるいねこ展』

とくながあきこ 個展 『ニューあかるいねこ展』

2019年6月6日より、イラストレーター とくながあきこ の個展を開催します。オリジナルキャラクターの、歯がガチャガチャでいつでもあかるい「あかるいねこ」のエキシビションです。新作ドローイング作品の展示や、本個展オリジナルグッズの販売もいたします。WebやLINEスタンプでは見られない あかるいねこ をお楽しみに!

2019年6月6日(木) – 6月16日(日)
営業時間 15:00-20:00(金・土は21:00まで)
月曜定休 / 入場無料
※オープニングパーティー 6/8(土)19:00〜21:00
※クロージングパーティー 6/16(日)19:00〜20:00
※似顔絵イベント 6/9(日) & 6/15(土)16:00〜20:00

とくながあきこ Akiko Tokunaga
イラストレーター。長野市出身。オリジナルキャラクター「あかるいねこ」のグッズは、東急ハンズでも6/1から取り扱い開始されるなど巷でじわじわ話題に。他にもキャラクターイラストや挿絵を「バレンタインポスト」「ざんねんないきもの事典」などの書籍・Webサイトなどに提供している。

やまだないと 個展 『NAIVE EROTICS 3』

やまだないと 個展 『NAIVE EROTICS 3』

2019年5月16日より、漫画 やまだないと の個展を開催します。昨年VOIDで開催された『NAIVE EROTICS』に続く、東京での2回目の個展となります。新作ドローイング作品やプリント作品などを展示する予定です。オリジナルグッズなども販売します。是非よろしくお願いいたします。

2019年5月16日(木) – 6月2日(日)
Open 【日〜木】15:00-20:00 【金〜土】15:00-21:00
月曜定休 / 入場無料
※オープニングパーティー 5/19(日)19:00〜20:00
※クロージングパーティー 6/2(日)19:00〜20:00

やまだないと
漫画家。1965年生まれ 佐賀県唐津市出身。1990年『週刊ヤングマガジン』にて「キッス」で連載デビュー。代表作に『東京座』『コーデュロイ』『西荻夫婦』映画化もされた『フレンチ・ドレッシング』『ラマン』『王様とボク』映画感想集『ハルヒマヒネマ』またテレビドラマ『私立探偵濱マイク』(10話)の脚本も手がけた。

寺田克也 個展 『ラクガキング東京』

寺田克也 個展 『ラクガキング東京』

2019年4月25日より、日本のみならず海外でも活躍するマンガ家・イラストレーター 寺田克也 の個展を開催します。近年制作した大小様々なサイズのドローイング作品を中心に展示する予定です。4月に発売する新刊『寺田克也原寸』(パイインターナショナル)や今回の展示のために制作された ZINE やグッズなども販売いたします。何卒よろしくお願いいたします。

2019年4月25日(木) – 5月12日(日)
Open 【日〜木】15:00-20:00 【金〜土】15:00-21:00
月曜定休 / 入場無料
※オープニングパーティー 4/27(土)19:00〜21:00
※クロージングパーティー 5/12(日)19:00〜20:00

寺田克也 Katsuya Terada
マンガ家・イラストレーター。1963年12月7日、岡山県玉野市に生まれる。高校卒業後上京、専門学校に通う傍ら徐々にイラストレーターの仕事を得ていき、そのままプロ化。現在に至る。書籍、雑誌のイラスト、ゲーム、映画のキャラクターデザイン、マンガなどを描く。近年は国内外でソロの展覧会、グループエキシビションへの参加など多数。ロサンゼルスのGR2 Galleryでは毎年ソロを行っている。おもな著作として、画集「Dragon girl and Monkey king」Dark Horse Comics(USA)、「寺田克也ココ10年」(パイインターナショナル)、漫画「西遊奇伝・大猿王1、2」、絵を生業にする事のさまざまを語りおろした「絵を描いて生きていく方法?」など。

akira muracco 個展『むこうみずな夜』 ​

akira muracco 個展『むこうみずな夜』

2019年4月11日より、イラストレーター akira muracco の個展を開催します。
4月は何かしら変化のある月。その変化や、揺れる感情を描きます。
シルクスクリーン、ジークレープリントを中心にステッカー、ZINE、ウェアなども販売いたします。

会期 2019年4月11日(木) – 4月21日(日)
OPEN 【日〜木】15:00-20:00 【金〜土】15:00-21:00
月曜定休 / 入場無料 / *4/20(土) 15時-17時までの短縮営業

*オープニングパーティー
4/11 (木) 18:30-20:00 LIVE: pavilion xool / ケータリング: Naho

*クロージングパーティー
4/21 (日) 18:30-20:00 LIVE: 君島大空
(LIVE受付 18:00〜、LIVE 18:30〜19:30  *1Dオーダー制 )

予約は下記アドレスまで、お名前と電話番号を記載してメールをください。
contact@void2014.jp
定員に達し次第、受付を終了いたします。ご了承ください。​

定員に達したため予約は締め切りました。


akira muracco
静岡県浜松市出身・在住。1993年5月生まれ。イラストレーター。2014年よりイラストレーション活動を始める。メトロミニッツの表紙、CDジャケット、パッケージなどにイラストレーション提供をしている。http://akiramuracco.me/top/

バロン吉元 画業60年還暦祭『男爵芋煮会』

バロン吉元 画業60年還暦祭
『男爵芋煮会』

2019年3月28日より、漫画家 バロン吉元 をもとにした、アーティスト13名によるオマージュ作品展を開催します。バロン吉元へ熱いリスペクトを寄せる、様々なアーティストの表現を通じ、それぞれの味付けで生み出されたバロン作品へのオマージュを展示。展覧会という大きなお鍋を囲んで、鑑賞者の皆さまと共にバロン吉元への造詣を「煮つめていく」機会です。ファンの方だけでなく、まだ読んだことは無いけど気になっている方、全く知らないけど漫画好きの方など、バロン作品に対するそもそもの知識に関係なく、よりカジュアルに作品へ触れて頂き、フラットにお楽しみ頂くことをコンセプトとしています。会場では作品展示の他、各作家による、複製原画やステッカーなどのグッズも販売予定です。

【出展者】
青木俊直 / 朝倉世界一 / 小田島等 / すぎむらしんいち / 寺田克也 / 永野のりこ / 花くまゆうさく / 松田洋子 & 清田聡 / 丸尾末広 / 森下裕美 / 山田参助 / やまだないと / バロン吉元 ※五十音順・敬称略 / キュレーション:エ☆ミリー吉元(バロン. プロ)

2019年3月28日(木) – 4月7日(日)
Open 【日〜木】15:00-20:00 【金〜土】15:00-21:00
月曜定休 / 入場無料
※オープニングパーティー 3/30(土) 19:00〜21:00
※クロージングパーティー 4/7(日) 18:00〜20:00

バロン吉元 Baron Yoshimoto 
旧満州生まれ、鹿児島県育ち。1959年の漫画家デビュー後は、1960年代から70年代にかけて巻き起こった劇画ブームの全盛期を築いた劇画家のひとりとなり、代表作である『柔侠伝』シリーズ、『どん亀野郎』、『殴り屋』等、多数の作品を発表。しかし人気絶頂であった1980年、全ての連載を終わらせ突如渡米、マーベル・コミックで執筆。帰国後は漫画執筆と並行し、絵画制作を始める。
2017年には漫画作品をまとめた初の画集となる『バロン吉元 画俠伝』( 山田参助・編/リイド社) がリリース。また2019年には約30年間に渡り制作された絵画作品を収録した『バロン吉元画集 男爵』(パイインターナショナル)が国内外で発売。

Nemu Yumemi Fan Art Exhibition 『you may me name.』

Nemu Yumemi Fan Art Exhibition
『you may me name.』

2019年3月14日より、夢眠ねむファンアート展を開催します。3月末の夢眠ねむ芸能活動引退に合わせ、ファンとして感謝の気持ちを伝える術はないか考えた結果がこの展示会です。この展示会では夢眠ねむを慕うアーティストたちが、どう関わってきたか、どう感じてきたかをそれぞれの作品で表現します。

【出展者】
雨宮沙月 / あやっこ(氏) / 稲垣謙一 / イナズマ将軍 / いろり / unai / おーつきあきな / 沖田和音 / おも満しろ太郎 / おやすむ / おユイ / かみ・かみ / きゃぷ / KERO / 髙橋あやな / 田中かえ / ちかふじはるか / 中村蜜菱 / なくゆい / なるめ / 野口路加(onnacodomo) / hitachtronics / ヒトミソ / ふみ / ぽこ / ぽこあぽこ / ホシヒカリ / めいも / るるしゃん / 夜行列車 / yuicco / 湯ノ浦ユウ & 土岐野光 / レーズン大統領 and more

【音楽】
accotas(from THE PATS PATS a.k.a Miss Heavenly) / N.B.W / oogimix / Tacn / ディスク百合おん / てろるとゆめやん(松林てろる & 夢前真唯) / トーニャハーディング / neetskills / NECO ASOBI / BeatPoteto / 文園太郎(パブリック娘。) and more

(五十音順、敬称略)

2019年3月14日(木) – 3月24日(日)
Open 【日〜木】15:00-20:00 【金〜土】15:00-21:00
月曜定休 / 入場無料

※オープニングレセプション 3/14(木) 18:00〜
(ライブ寄せ書きを開催予定)
※オープニングパーティー 3/21(木) 18:00〜
(DJイベントを開催予定)
※クロージングパーティー 3/24(日) 18:00〜
DJ: トーニャハーディング / 文園太郎(パブリック娘。)

青木俊直 個展 『PHONIC SISTERS』

青木俊直 個展
『PHONIC SISTERS』


2019年2月21日より、青木俊直の個展を開催します。MONOちゃんとSTEREOちゃんによるPHONIC SISTERSというユニットが、過去の様々な名盤レコードジャケットに扮して描かれます。ペインティング、ドゥローイング、プリント作品などを展示します。Tシャツ、トートバッグ、キーホルダーなどのグッズも販売します。オープニングパーティーでは本人によるライブペインティングを開催予定。

2019年2月21日(木) – 3月10日(日)
Open 【日〜木】15:00-20:00 【金〜土】15:00-21:00 / 月曜定休 / 入場無料
※オープニングパーティー 2/23(土) 19:00〜21:00
 作家本人によるライブペインティング
※クロージングパーティー 3/10(日) 19:00〜21:00

青木俊直 Toshinao Aoki
マンガ家・キャラクターデザイナー・大学非常勤講師。2013年のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』放送時、Twitter投稿のファンアート(通称「あま絵」)が注目される。近年の仕事として、テレビアニメ「ひそねとまそたん」キャラクター原案、コミカライズアニメーション映画「きみの声をとどけたい」キャラクターデザイン、NintendoSwitchゲーム「がるメタる!」キャラクターデザイン&ゲーム内コミック など。

ヘルミッペ & 高崎悠介 Exhibition 『閉鎖国家ピユピル』

ヘルミッペ & 高崎悠介 Exhibition
『閉鎖国家ピユピル』

2019年1月31日より、イラストレーター ヘルミッペ とプログラマー 高崎悠介 のエキシビションを開催します。ピクセルアートとブロックチェーンを使って、空想上のリゾート地「ピユピルの国」を表現するプロジェクトです。リソグラフ作品や「ピユピルの民」というデジタルデータを購入することができます。ステッカーなどのグッズも販売する予定です。

2019年1月31日(木) – 2月17日(日)
Open 【日〜木】15:00-20:00 【金〜土】15:00-21:00 / 月曜定休 / 入場無料
※オープニングパーティー 2/2(土) 18:00〜20:00
 ドット絵座談会( m7kenji + Zennyan + ヘルミッペ )
※クロージングパーティー 2/17(日) 18:00〜20:00

ヘルミッペ hermippe
ドット絵のイラストレーター。昔飛び出した故郷・多摩ニュータウンで見た気がする集合住宅を描いたり、SFのお話の挿絵を描いたり、虫をよく見て描いたりして暮らしています。過去の展示は 「The Cave」 @ adidas Originals Flagship Store Tokyo など。
http://hermippe.me/

高崎悠介 Yusuke Takasaki
プログラマー。自分の存在がブロックチェーン上を移動する装置「ブロックチェーン上に天国を作る(プロトタイプ)」や、投稿が絶対に消せないSNS「SNEMS」などを制作。

神保賢志 個展 『あぶだくしょんCITY』

神保賢志 個展 『あぶだくしょんCITY』

2019年1月10日より、イラストレーター 神保賢志 の東京では四年ぶりとなる個展を開催します。あぶだくしょん(UFOに誘拐される)CITYと題された本展のテーマは「神秘×可愛い」。カラフルでオカルティックな世界観が広がります。ペインティング、ドゥローイング、リソグラフやグッズなどを展示予定です。期間中は有馬和樹(おとぎ話)をゲストに迎えた、ライブ&トークイベントを開催予定。

2019年1月10日(木) – 1月27日(日)
Open 【日〜木】15:00-20:00 【金〜土】15:00-21:00 / 月曜定休 / 入場無料
※オープニングパーティー 1/12(土) 18:00〜21:00
※ライブ&トークイベント 1/26(土) 18:00〜21:00
ゲスト:有馬和樹(おとぎ話) 参加費:¥2,000
※1/26 ライブ&トークイベントは事前予約が必要です。参加希望者は contact@void2014.jp までメールをお送りください。 定員に達したため予約は締め切りました。

神保賢志 Satoshi Jimbo
1982年生まれ。少年漫画の既視感をミックスした画風で、イラストレーションや漫画を中心に装丁、広告、グッズやミュージックビデオ等の仕事に携わる。雑誌「たたみかた」装丁イラスト/ラブレターズ/おとぎ話/ももいろクローバーZ等にイラストを提供。 http://www.jimbokuro.com